CARAMEL MID SOUL

キャラメルミッドソウル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サックスのおはなしをちょろっと…


今やジャズやらポップスやら、クラシック、吹奏楽やらビッグバンドなど、楽器という世界では結構メジャーどころののサックス。
正式にはsaxophone(サクソフォーン)。
歴史的に言うと、確か184?年??くらいにベルギーの管楽器職人のアドルフ・サックスさんが作ったそうな。
サクソフォーンという名前も彼の名前から。

見た目のイメージで、たまーにラッパやら金管楽器とかと誤解されがちだが、実はカテゴリーでいうと
木管楽器に属する。
木管楽器のメカニカルな構造・操作性の良さ、金楽器に負けないダイナミクスを併せ持つ要素がある。


今現在のメジャーどころのラインナップでいうと、
 ソプラノサックス (B♭)
♪アルトサックス  (E♭)
 テナーサックス (B♭)
 バリトンサックス (E♭)
があって、ウチがCARAMEL MID SOULで普段使っているのがアルトサックスで、
サックスといえば?? という質問したときに一番イメージしやすいカタチのものがコレかな…と。
またはテナーもメジャーどころかな??
機会があればウチも上記4種も使うことあるけどね。


また上記4種以外にもなかなかお目にかかれないけど、
ソプラニーノサックス、ソリプロ、バスサックス、コントラバスサックス…などなどありますが、高額ゆえウチは現物を生で見たことないです(笑)
まー、でもほしいわな~♪♪♪


素材でいうと大体、真鍮で作られてることが多くて、他には銀とか洋銀、あるいは銅とかも。
それらをラッカー(透明やら、近い色)で処理されて塗装されたものが一般的。
他にも、最終処理で黒やら。銀メッキ、サテン、金メッキ、とか、中にはラッカー処理しないもの(塗装なし)のものとか様々。
この処理とかで以外と音色とか性質が変わるんです。


あ、そーいえば、むかーし戦時中でアメリカでは金属不足とかで、管がプラスチックのサックスが販売されてた時期があったそうな。 これはこれですごくヴィンテージ♪(←マジで…笑)


ちなみにウチのアルトは、もともとラッカーがあったのを"あえて"剥がしちゃったので、中途半端にヴィンテージっぽい雰囲気を醸し出してます(笑)




次回は"マウスピース"と"リード"でも書こうかな…
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://caramelmidsoul.blog47.fc2.com/tb.php/732-17656b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。